· 

【千寿苑】七夕行事

 令和3年7月7日(水)七夕です。今日はあいにくの曇り空だったので、恥ずかしがり屋の彦星と織姫は曇り空の上で天の川を越えて会っているでしょう。想像しちゃいますねww。
 そんな恥ずかしがり屋の二人のために、千寿苑では利用者のみなさんと職員が力を合わせて、1階と地下に笹の飾り付けをしました。きれいで華やかに飾りつけ、願いごとも短冊に込めました。
まずは、当日の準備の様子を披露します。


 利用者さんの短冊には、『健康面についての願いごと』が多かったです。職員は「おいしいものが食べたい」「旅行にいきたい」「宝くじがあたりますように」などが多くありました。利用者さんが、その短冊を見て笑い合っている姿に、なんだか笑みが浮かんできました。職員もこの光景のために短冊を書いたと思うと感謝しかありません。職員のみなさん本当にご苦労様です。そして素敵な七夕をありがとうございます。利用者さんも喜んでいますよ。

 千寿苑が委託している給食業者は日清医療食品です。七夕の日には、日清医療食品からの提案メニューを提供しております。高齢者施設では、季節を大切にして『その季節にあった食事』が提供されます。


 一般家庭であれば、「七夕だからこのメニューよ」と言われる感覚はないと思います。しかし、施設での『季節にあった食事』は、利用者さんは大変喜びます。少しでも喜んで頂きたいとの思いを栄養士が体現してくれました。


 七夕行事で使用した笹は、「願いを込めて荒川に流します」と言いたいところですが、今の時代にこの行為をしたら不法投棄となってしまいます。行事の片付けも利用者のみなさんと楽しく行っていきます。

以上、千寿苑の七夕でした。

 

社会福祉法人 有隣協会
養護老人ホーム 千寿苑
施設長  坂 本  洋
行事担当  鈴木・上園

社会福祉法人 有隣協会 

 

〒144-0055

東京都大田区仲六郷4-2-12

TEL : 03-3738-2563

FAX : 03-3738-9548

有隣協会ブログ 随時更新中です!